2月24日(日)、相模原市の小山中学で開かれた相模原地区の中学との交流大会に参加しました。荏田高は谷本中、小山中と対戦。2戦2勝ではありましたが、谷本中戦では守備のミスがあり失点。内野手の連係プレーの精度を上げることが課題です。

試合後は荏田高の先生が中学生の投手を熱心に指導。中学生投手は、模範投球を見せてくれた高校生のフォームを参考にしながら、先生に教わったことを試していました。

広告

2月24日(日)、相模原市の小山中学で開かれた相模原地区の中学との交流大会に参加しました。荏田高は谷本中、小山中と対戦。2戦2勝ではありましたが、谷本中戦では守備のミスがあり失点。内野手の連係プレーの精度を上げることが課題です。

試合後は荏田高の先生が中学生の投手を熱心に指導。中学生投手は、模範投球を見せてくれた高校生のフォームを参考にしながら、先生に教わったことを試していました。

3年生を送る会

2月23日(土)、3年生を送る会を行い、部全体で、3年生部員と保護者の皆さんを慰労しました。

午前中は校舎内で食事会。先生、部員、保護者で、お母さん方が作ってくれたカレーを食べました。歓談の後、最後に3年生が1人ずつ挨拶し、お二人の先生が3年生に送別の言葉を述べられました。

午後は校庭で親善試合。第1試合は3年生vs1、2年生。下級生は日頃の練習の成果を先輩に見せ、3年生は久しぶりの実戦ではあったものの、先輩らしいプレーで盛り上げました。試合は下級生が勝ちました。

第2試合は保護者vs全学年部員。1年生父のあわや本塁打の長打など保護者のハツラツとしたプレー、また途中からは保護者の攻撃は5アウト制にしてもらう特別ルールもあり、試合は接戦に。ただ、最後は、リリーフした先生がサヨナラ打を打たれ、部員チーム勝利でゲームセット。

最後はみんなで記念撮影をしました。3年生はお世話になった先生との別れを惜しみながら撮影を楽しんでいました。3年生部員と保護者の皆様、3年間お疲れ様でした。これからはOG、OG保護者として、荏田高ソフトボール部を応援よろしくお願いします。また試合会場でお会いしましょう!

国分寺高校と練習試合

2月17日(日)、東京・国分寺高校に遠征し、練習試合を2試合して頂きました。同校は関東公立大会に出場する実力校。結果は8-2、4-3(2試合目は時間切れで7回表まで)で、荏田が2勝できました。2試合とも、先発投手が安定し、バックのミスも少なく、自滅で得点を献上する場面がほとんどありませんでした。打線も全体的によく振れていて、先生からのサインにもしっかり対応できていました。今日のような試合運びを、継続することが大事です。

天城ドーム杯に参加しました

天城ドーム杯(静岡県伊豆市)が2月9日に開幕し、荏田高校も例年通りしました。
初日の9日は3チームずつに分かれての予選リーグ。荏田は日大三島(静岡)に3-1で勝ち、三国(福井)には3-14のコールド負けの1勝1敗。初戦は接戦をものにできたのが収穫でしたが、三国戦は1年生右腕が乱調で、福井の強豪に歯が立ちませんでした。
2日目はトーナメント戦。予選リーグの成績によって対戦が割り振られました。荏田は1回戦は東京学館浦安と対戦。最後に追い上げられましたが、継投で何とか逃げ切りました。2回戦は北信越王者の津幡との顔合わせ。敗れはしましたが、4-7と何とか食らいつき、試合を壊さずに6イニング戦うことができました。