埼玉県遠征は2勝2分

埼玉県の松山女子高に遠征し、4試合(80分制)を戦いました。実力のあるチーム相手に2勝2分と、健闘した4試合でした。

◆第1試合

館林女子10000=1

荏田高校0105×=6

荏田は2回、二塁打の4番を犠打と敵失でかえし同点。4回も4番の三塁打からの連続3四球と敵失などで5得点。5回から登板の1年生右腕がこの回を無得点に抑えました。

荏田は初回の守り、先頭打者を四球で出した後、犠打、右前に落ちる安打で先取点を許しましたが、2〜4回は要所を締め無失点。2年生右腕から遊撃手にわたる163の併殺が二度とれたのが大きかったです。攻撃は、好機での作戦が狙い通りに決まらなかったのが、課題となりました。

◆第2試合

松山女子1000000=1

荏田高校002000×=2

荏田は初回、先頭打者に安打を許し、四球などでピンチを招き、内野ゴロの間に先取点を許しました。3回の攻撃は、敵失で得たチャンスを、2本のテキサス安打で生かし逆転。投手は、2投手の継投で2回以降は無得点に抑え、逃げ切りました。

好投手を擁する埼玉県の有力チーム、松山女子に、無失策で善戦できたいい試合だったと思います。

◆第3試合

埼玉レッド040000=4

荏田高校112000=4

*6回裏は時間切れのため、荏田の攻撃中に終了

相手は埼玉県の中学の強豪クラブチーム、埼玉レッドスティード。荏田は初回に3番の主将の犠飛で先行したものの、2回に相手下位打線にチャンスを作られ、4失点する苦しい展開。それでも、その裏に荏田は9番左翼手のテキサス安打で1点を返し、さらに3回は7番投手の右越え適時三塁打、8番中堅手の右中間適時二塁打で2点を返し同点に。4回以降は、両チーム無得点で引き分けとなりました。

◆第4試合

千葉経大0000010=1

荏田高校0010000=1

相手は千葉県屈指の強豪校、千葉経大付高。2チームで会場に来ていたうちの、控えチームの方だったかもしれませんが、好投手を堅守が支える実力のあるチームでした。

荏田は3回に、右前安打で出た9番打者が犠打と暴投で三塁に進み、敵失で生還し先取点。荏田は6回の守りで、4番に右翼線三塁打を許し、その後のバントに内野が対応できずに追いつかれました。その後は両チーム得点なく、引き分けました。

打線は好投手に1点止まりでしたが、1回、5回の1死三塁のピンチを無失点で乗り切った1、2年生右腕とバックの粘りが光りました。

広告

埼玉県松山女子高への遠征

埼玉県の松山女子高に遠征し、4試合(80分制)を戦いました。

館林女子10000=1

荏田高校0105×=6

松山女子1000000=1

荏田高校002000×=2

埼玉レッド040000=4

荏田高校11200-=4

*埼玉レッドスティードは中学生の強豪クラブチーム

千葉経大0000010=1

荏田高校0010000=1

いくつものタワー

DSC_0474写真のタワー。引っこ抜いて重ねて重ねて野積みにし乾燥させる。

千葉ではこの時期になるとお馴染みの光景なのかもしれませんが初めて見ました。

美味しい美味しい落花生をありがとうございます。

遅くなりましたが、

昨日は千葉黎明高校にお邪魔して練習試合をしてきました。

結果は試合結果のほうに・・・

 

中間テスト後、初の練習試合でしたが一つ先のプレー、相手の心理の読み良かったと思いますよ。

 

テストは無理でも試合では100点取ってよ!まだまだこれからこれから!

下を向かず上を向いて!前へ前へ!

攻めて攻めて!

10月8日(月)白鵬高での練習試合

10月8日 白鵬高校にて、柏井高校(千葉県)との練習試合を行いました。

1試合目

荏田高校1000020=3

柏井高校1000000=1

2試合目※5イニング

柏井高校20000=2

荏田高校3222×=9

柏井高校は関東大会出場校。強豪校にもかかわらず1試合目、2試合目共に投手が素晴らしいピッチングを見せてくれました。打撃においても積極的に攻めることができ、特に2試合目は、各イニングでいい形の得点を取ることができていました。

修学旅行直後の遠征

埼玉県の県立川越初雁高へ遠征し、練習試合を行いました。埼玉県の大会で上位に入る有力チームに胸を借りました。

第1試合

川越初雁200027=11

荏田高校000000=0

第1試合は0-11の完敗。先発の1年生右腕は、ボール先行で計7四球の苦しい投球。特に6回は2四球に守備のミスなども重なり7失点で、試合を壊してしまいました。打線は1番打者の二塁打と2番打者の内野安打のみで無得点。

相手は投手の制球がよく無四球、バックも初回の外野の落球以外は、安定した守備で投手をもり立てていました。

 

第2試合

川越初雁302020=7

荏田高校000200=2

 

第2試合は2年生エースが先発。相手は第1試合とは別の投手でしたが、第1試合と遜色ない右腕。荏田は1四球、相手は無四球と互いに投手が制球で苦しむ場面はなく、両チームとも打線が10安打ずつと互角。ただ、相手が打線がつながったのに対し、荏田は好機を生かしきれず、2-7で敗れました。

荏田の2年生は、台風の影響で修学旅行からの戻りが前夜にずれこんたこともあり、疲れ気味だったはずですが、この試合はエースの3番が3安打、遊撃手は万全でない状態ながら好守に2安打、三塁手も1安打1得点と、3人とも元気が出てきたようでした。

第3試合

川越初雁004400=8

荏田高校000210=3

第3試合は、荏田が再び1年生右腕が先発し、相手は控えとみられる左腕が先発。荏田の右腕は第1試合よりは復調しましたが、3、4回は制球難で乱調、それ以外はほぼ危なげない投球と、波が激しい内容。打線は4、5回に、敵失に乗じて計3点を返しましたが、2試合目までよりは、球威、制球ともに劣る投手だったので、もっと得点したいところでした。

3戦全敗と悔しい結果でしたが、2人がケガで不参加で相手から1人レンタルしたりと、苦しい状況の中、みんな何とか頑張っていました。今日先生から指摘された様々な課題を少しずつ改善し、次につなげていきたいですね。それから、ケガの仲間の不在と不調は痛いですが、焦らずじっくり治して欲しいです。

 

埼玉・川越初雁高遠征

埼玉県の県立川越初雁高に遠征し、練習試合を行いました。同校は、埼玉県の大会で上位に入る有力チームです。

第1試合

川越初雁200027=11

荏田高校000000=0

 

第2試合

川越初雁302020=7

 

荏田高校000200=2

 

第3試合

川越初雁004400=8

荏田高校000210=3